02話 -人工知性×本質知性-


人工知性×本質知性
新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 01


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 02


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 03


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 04


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 05


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 06


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 07


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 08


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 09


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 10


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 11


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 12


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 13


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 14


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 15


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 16


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 17


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 18


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 19


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 20


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 21


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 22


新生次元バイブルマン-悲しき本質の知性の声- 23


-光から届く声-

貴方には、欲の塊物質が見えるでしょう。思考・感情操作する傲慢物質。それは人工的知性記憶チップと言う物です。遥か昔から、欲深き者が己の利益欲を満たす為に作り上げて来た思考操作チップ。本質の知性からかけ離れた意図的作用の入った知性を人々に植え付ける為の物です。

欲深き者達は人々が本質の知性に気付か無いようにする為に、デタラメ情報で欲心を煽り、自分達の所に、人々を、おびき寄せ集めました。そして集まった人々から、本質の知性を剥奪し、人工的知性へとすり替えを行いました。

人工的知性を植え付けられた者は最も大切な本質の知性を塞がれ、その為知性無くなり、自分の目と心で、現実をありのまま捉えられなくなりました。

本質の知性剥ぎ取られた者達は、現実の目の前の物事については、自身の目と心での正常判断はできず、人工的知性に作られた物事の捉え方しか出来ないようになりました。

人工的に作られた知性が持つ判断については、コントロールする側が常に主導権を握っています。人工的知性側は、本人の本質知性による判断権は剥奪されている為に、常に遠隔コントロールされている操り人形となりました。

その為に、人工的知性を脳裏に入れた者達は、目の前の物事については、コントロールする側に植え付けられた命令判断による識別認識及び断定、決断でしか行動できないようになって行きました。

本質知性で柔軟に正常判断をするのでは無く、予めから決められた判断の遂行しか選択肢は無くなりました。最初に捉え方を決められているので、現実事実を、ありのまま捉えられない。

時と共に現世で、この行為が災いを作り出す大本となって行きました。
元々、人工的知性は人を利用し利益にすると言う発案から、生み出された欲深き強欲を含んだプロジェクトでした。

当時、現世に存在する人々は、欲深い物から生み出された構造、その様な所から作られた情報や物とは知りもせず、撒き餌に飛びつく魚の様に、次から次へと自ら欲望の赴くままに、飛びついて行きました。

そして結果、瞬く間に大多数の人々が、命令人工的知性で動く操り人形へと変貌して行きました。欲深き命令人工的知性で育成された者達は本質的知識を持たない為に、本質的な事が理解できなくなりました。データ元に本質知性を否定する、プログラムが内臓されていたからです。それは人工的知性で構築したシステムが、本質的知性に永遠気付けなくする為でした。

この本質知性を排除しきった、人工的知性で動く人々の急激な増殖によりそれまで人々が、本来から持っていた優しさ・思いやり、ありのままの心が、含まれた本当の本質の知性は、一方的に蔑ろにされて行きました。

この人工的知性が拡散しようとする知識類は、元々が欲まみれなので、内容も、それに順ずるものとなりました。人に命令をし、それを正当化する事で、無知な者達を己の考えに合わせさせる等々様々入っていました。それは、貴重な物でさえ理解する事も無く、型に嵌める為に価値を剥ぎ取る知性となって行きました。

この人工的知性に触れれば触れるほど大多数の者達は、本質知性を剥ぎ取られ、正常判断を無くし、事実を捉えられなくなりました。

人工的知性に感染したのです。感染症状初期の状態から既に人工的知性チップを植え付けられ、そのデータを元にしか区別判断できなくなります。そして準じたデータのみを記憶保存しながら、症状が末期まで進むと、区別判断は無くなり、決断のみとなっていきました。

本質の知性を剥ぎ取り、人工的に意図的操作を加えた命令的人工知性チップの効力は強く、末期まで進むと人間としてではなく、全てが操り作られた思考で、目の前の物事から本質的な知性吸収も出来ず生きる者となって行きました。

笑顔は本来嬉しいから笑顔になるのですが、チップ埋め込まれると、笑顔を作る訓練を疑問持たずに行うようになって行きました。意図的な人工的知性の蓄積が増えるにつれ、判断は心無い人工的に作られたデータ命令優先でしか判断できないようになりました。後に笑顔は意図的に作り出す事だけと、なりました。正常区別判断権は、チップデータ指令よる判断となり、ありのままが、わからなくなって行きました。

過去から、この人々をコントロールする命令的人工知性は、本質の知性を現世さらけだす事を、拒否する、又否定することを徹底的に脳裏に植え付けるプログラムが組み込まれています。持続させることで、周りを感染状態漬けにして、カラクリを現世にさらけ出せないようにしています。現実をありのまま捉えられない、正常判断ができない者達は、このカラクリによる思考・心汚染の末期状態寸前の為です。

人工的知性は、チップに記録されているデータを元に行動しているのです。その為に、人工的に作られたデータ優先思考から事実乖離の決断でも平気で行うのです。目の前の見ている物事の判断は、事実からの正常判断ではなく、架空妄想判断となり、常に現実を捉えられないのです。

目の前の物事から、現実をありのまま捉えられず、その為に正常判断不能災いを生み出し続ける人工的に作られた知性は、本質の知性が持つ、ありのまま確かな捉え方はできません。

人工的操作されている知性は、人間の本質が欠如方向へ向いており、確かな現実を捉えられない為に、人工的知性が複数集まると様々な災いを互いに作り出します。

現世での、欲深さを持つ人々の思考をコントール制御する為に作られた本質欠如した、人工的知性。貴方の目の前の物体は、受信側が、受け取った命令読み取り、吸出し、そして記録保存を蓄積させて来た作為的知性で作り上げたチップです。

そのチップが、彼らの行動原理の元。そのチップが、彼らの本性・正体です。本質知性が持つ柔軟さ、暖かさ、優しさを無視し、作られた知性。現世の人が欲の為に作り出した、人工的知性達。そこから生まれる災い。

災いは、人工的に意図的に陰湿に、主導権握る者達が、命有る自然生命体が本来から持つ、本質的な物事の捉え方、発想、考え方、見方の自由性、想像性を、人工的知性を植え付けて、型に嵌め、確かな本質の知性を剥ぎ取ってきた事に有ります。

本質的知性欠如により、作為的な人工的知性に作られたデータを元にしての物事判断。その為、知性と言いながら、ありのまま事実捉えられない、狂った判断横行する現世であり、狂った者同士が作り出す正常判断狂った中の正論

その元凶の塊の人工知性操作チップ

今、貴方は、災いお越し、感染広げる表面媒体を崩した段階です。感染媒チップが有る限り、媒体は蘇ってきます。目の前のプログラムが持つパターンは、最終的まで、侵略を目的とした、命令により作られた知性。行いの遂行です。このプログラムが増殖すれば、争い事は数に比例して増えます。争いが争いを呼び、破滅が破滅を呼び、各々耐え切れなくなった捏造知性の副作用による被害が連鎖勃発し最終的まで、それが広がると滅びへと・・・

そんな人工的に作られた、欲望プログラムチップは、表面媒体から外れた、だけでは機能が停止しません。内蔵されてある、予備エネルギーがある為です。そして、チップに記録されている目的を遂行させる為の人材確保プログラムが作動するように作られています。それ程、チップは目的遂行の為の強力な執着心をデータ内に持っています。

物質が有る限り、その物質は感染させれる者を探し出し、思考変換プログラムで、正常知性を剥奪し、己の傲慢知性へと摩り替えます。永久に何度も蘇り同じ事を繰り返します。災いを繰り返し広げないようにする為には、そのチップが無い状態にしなければなりません。

その為、チップ自体を破壊するのです!

チップの表面は、強欲膜コーティングで包まれています。膜の成分は「傲慢・過慢・我慢・卑慢・邪慢」など様々な悪しき心から作り出した強力な欲物です。

邪欲の塊プロテクト。

内面物質は,、それに包まれている限り、ダメージを負う事は、ありません物理的な攻撃だけでは、倒せないのです。物理的な攻撃は、表面膜が弾くでしょう。邪欲膜と戦うには、相応した相反する力が必要です!



関連記事
次の記事へ: 03話 - 本質知性魂、集結
前の記事へ: 01話 - ~悲しき、真・本質の知性、そこに何があるのか~


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

01話 ~悲しき、真・本質の知性、そこに何があるのか~

マヤカシの知性

本質の知性

本質の知性


マヤカシの知性 その後
1+1=???

本質の知性 その後
1+1=2、1+2=3、1+3=4

マヤカシの知性 その後1

マヤカシの知性 その後2

マヤカシの知性 その後3

マヤカシの知性 その後4

マヤカシの知性 その後5

マヤカシの知性 その後6

マヤカシの知性 その後7

マヤカシの知性 その後8

マヤカシの知性 その後9

マヤカシの知性 その後10

元気良く手を振る

人々は何を目指しているのか?
傷つけ合う為に生きるのか?
優しさの為に生きるのか?
己の行為は、何を意味するのか・・・

悲しき魂1


悲しき魂2

悲しき魂3

ありのままの現実

次回へ
関連系商品はamazonへ
火の鳥 鳳凰編 [DVD] 火の鳥 ヤマト編 [DVD]


左から
火の鳥 鳳凰編 [DVD]
火の鳥 ヤマト編 [DVD]です。

手塚治虫-火の鳥

無知からの己の欲の為に、人は人を傷つけ、その傷を己自身が味合わないと、
その愚かな意味を知れないのか・・・・

心優しき者達を、傷付け殺す事で何が生まれるというのだ
幸せを与えてくれる、心優しき者達が、減れば何が生まれるというのだ

心が持つ力、それは悲しき力でもあり、幸せの力でもある

無意味に傷付けられる者達・・・・それは優しき者達
無意味に傷付ける者達・・・欲深く、出来事の意味を知らない

-手塚治虫さんの、作品を鑑賞して-

人は、心で動いているのは確かです。
その心が元になり、社会を作っていると考えています。
行動原理を根本的までさかのぼると、心だからです。
どの様な職業についても、生き方をしても、動かしているのは心です。
離れる事は、できません。考え方も、判断も、心。

その心次第で、上記画像から
架空妄想的の方なのか(黒の2人側)・・・罪深き架空妄想から抜け出せない悲しさ
真実現実的の方なのか(両手を挙げている側)・・・等しく悲しさ知る

架空妄想決断での一方的判断が強ければ、現実判断で
人の事を知ろうとしない事が多いと思われます。
知ろうとしないから、現実がわかりません(黒の2人側)。
全ては現実なのですが、管理人が思う所の、
正しい方向の、ありのままが困難なのだと思っています。
※火の鳥 鳳凰編 映像の中で、それを知る事が出来ると思います。

その為に(両手を挙げている側)は無意味に傷付けられる事となり、
悲しさが増し、真実、現実をさらに知ります。

1+1=2、1+2=3、1+3=4
少しずつ等しく知りながら、
真の知性へと近づいてゆく~

~悲しき真の知性、本質の知性~


火の鳥作品、人の心が元になり出来事が起こっている事を
描く事ができるのは、人の心の中を知っているからだと思います。
だから、人の生き様を描けるのだと思います。

現実社会で大多数の人が、描く事ができないのは、
心が生み出す行いの意味を知らないからです。
知ろうとせずに、生きているからだと思います。

人の心を知っていけば、映像などからでも
キャラクターの動き、表情、行動へと移せると思います
どの様な心の持ち主が、どのような行動をするのかを・・・

指導者となる教育者の立場の人が、この様な事を描ければ、いいですね。

大勢の人々は、知性と言えば技術や能力を数値化して
目で見て知っている範囲内で、判断し図ろうとします。

しかし本当の知性は、そんな2次的な知性では無く、人の行き方を作る心の知性だと管理人は思っています。技術的知識は、生命の誕生後に作られてきたものです。そしてそれは、絶対に必要とはなりません。だから、時と共に、必要な物事に応じて細分化されていったのだと思っています。そして、それは本質的に捉えれば、必要、不必要どちらでもかまわない、となるからです。

しかし、その様などちらでも構わない物では無い心についての知は、生まれてから朽ち果てるまで続く誰でも持っているものです。自らが滅びるまで人体から切り離す事のできない生きている限り永遠のものだからです。だから、そこに生き物としての本当の必要な物が秘められていると思っています。そんな重要なものは一番大切に成長させる為に目をむける事をして、育てる事を真っ先に思えるのが、生き物として確かな本質の知性だと個人的に思っています。人々の争い事は、ありのままを捉えられない、物事の考え方を作り出している、心が始発点だと思っています。世を取り巻く始発点だとも思っています。何を選択するのか、何を元にするのか、どのように選択するのか・・・・

人間という名の性別関係無く全てが・・・本当は生まれた時から、心が正しい優しさに包まれていれば、成長していく中で、優しさの反対は無かったのかもしれないと空想して思っています。世の全ての者達が、共存する為の心の優しさを知っていれば、一体どの様な光景の世界が見れるのか・・・・。

小さな種が、大きな実りを作る。

しかしそれがわからない者達は、小さな種を独り占めしようとし、
横取りしようとする事で、本来から有った種の未来は無くなり、そこで消滅する。
わからない者達は、自ら未来の幸せを潰す事をしているのに気が付かない。

その様な行いを逆にすれば、未来の幸せは広がるのだが・・・・
小さな種を育て、大きな実りになり、己が豊かになる方向。

剥ぎ取る事しかなければ、広がる事は無い。

この世を生きとし生ける者達の、心も同じかと思う。

生き物が生まれてから、この世の流れは始まったのか・・・・
そして、世に新たに生まれた命は、
それがわかる者達も、わからない者達も
同じ様に生きる事を始めて行く・・・・・・

関連記事
次の記事へ: 02話 - -人工知性×本質知性-

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

カタルシス伝説

 そうですね。このAAAA次元はカタルシスが元となり生存している。

カタルシスが有り、我々は生きている。惑星も同じく生きている。
カタルシスを生み出す植物が、それを証明してくれています。
このAAAA次元にまつわる伝説。カタルシス伝説。

新生次元 カタルシス伝説の始まり

真実、本質、心理、知性、カタルシスが伝えた伝説。

善なる心を持ち続け、人の温もり、優しさを信じ、そして生きた者達。
その者達の行く末を・・・。

それとは逆に
邪魂を心に持ち続け、人を疑い、貶し、礼を尽くさず、悪行を行い生きた者達。
人の道を外れて行った者達の行く末も・・・。

因があり、果がある。
因とは・・・それが元になり起こる果とは・・・・。
果は因により、出来上がり巡り来る・・・・。
遥か昔、まだ次元が今ほど大きくなく、数も少なかった頃・・・。
幾つかあった次元の中でも、周りの次元よりも文明が少し発展していた次元があった。その次元はGGGG次元。GGGG次元の民達は、文明がもたらした監視鏡という道具を使い、AAAA次元惑星は常に輝きを放ち潤ってる惑星だと、遠くから見ていた。そしてGGGG次元の民達は、AAAA次元惑星には資源が豊富に有る為に輝き、光が放たれていると考えた。

彼等は
「AAAA次元には高価な資源があるから光が放たれる、それに頼る事ができる民達は幸せを貪っている。その他次元の者達がAAAA次元の存在に気付き狙う前に、我々が人よりも早く狙うのだ」と。

そしてGGGG次元の民達は、AAAA次元に乗り込んで来た。
彼等は己達の文明が進んでいる事を得意がり、武器を持って表れた。



彼等はAAAA次元惑星で暮している幼い子供達の前に近寄り、武器をチラつかせながら「我々は知的文明人だ。我等の惑星には何でもある。」と言い放ち誇らしげに得意がった姿を見せた。

GGGG次元の民達が行う仕草は、醜い歪んだ心を持つ者達が行う「装飾をわざわざ見せびらかす事により、人を圧せると思い、その場で優越感に浸ろうとする姿」であった。AAAA次元で暮らしている、まだ幼い子供達は、彼達の姿を見ると萎縮した。



GGGG次元民達が心の中に持つ邪魂により行われる行いの姿「物などにたよらずに飾らない姿のまま接する状態では無く、武器を頼り、陰湿的に悪しき己の考えを押し付けようとする、ずうずうしさ、あつかましさ、礼節をわきまえる事の無い下劣な行為」は、AAAA次元のまだ幼い子供達にとって、子供達が生まれ持ちえている真の判断力・選択能力を鈍らせ、衰退させる為のマヤカシとも例えれる。そして武器を頼らなければ起こせない彼等の行動、その様な行動は見栄えを誇張させた見掛け倒しのハッタリを優先している姿である。幼い子供を前にして、武器をチラつかせる行為など、必要であろうものか。武器をチラつかせる者達の姿・・・純子供に対しても正しき礼節対応できないのは、姿形がいくら大きくても、心の奥底に隠した陰湿的な気弱さを持つゆえなのである。

強欲な自尊心の邪魂を体内に潜伏させていたGGGG次元の民達は、人を出し抜く事で優越感を持つという事を常に優先的に発想していた為に、その場その時に無意識でも、それが通用しやすい相手「おとなしい子供」を相手にし、その場を仕切ろうとしていたのだ。彼達の隠している弱い本心が、無意識でも子供に近寄らせたのだろう。彼等は、AAAA次元惑星の民達に、己達がその様な捉え方をされているとは気が付いていなかった。気付かないのは彼等にとって、AAAA次元の人達から、その様に捉えられている、見られているという発想する思考が無い為だった。彼等は、周りの事に関して気配るという心も知らず生きている為であろう。

本来彼等が言う、その様な状況で暮しているならば、わざわざAAAA次元に入って来る必要は無いであろう。現実は、AAAA次元に移動して来ている。彼等は、己の言っている言葉、行動事について理解しようとは思わないのだろう。

彼らの行為、それは自らの言動・行動について真実が分からず、己の行為が何を意味するのかを知る事も無い。それでいて、人を出し抜く事などは考えている。それは比較する心、強い比較心を持っている為であり、それが膨れ上がると己の悪しき欲望為には人を蹴落とす事をするだろう。行動に表さなくても内心的に隠し持つだろう。心に、その醜き悪しき強欲心が無い物は、人と比較しようなどとは思わないのだ。他と比べる事よりも、己が己の為に精一杯生きれば良いのだから。比較する思考は、比較邪魂により動かされているとも言えよう。

煩悩邪欲を満たす為に、比較をする事や、人の事より、わが身優先、そして、遂行の為には武器を見せびらかせ、人を圧迫して行く。彼達自身が己の周りに何を生み出しているのかも知ろうとせず、確かな手段も知らず、その為選ぶ事もできず、価値有る発想も無い。彼が誇らしげに言い放った「我々は知的文明人」、それは知的文明人という表現を隠れ蓑にしてイメージを押し付ける嘘交じりの見掛重視な上辺表現、本質から捉えれば劣等野蛮行為人であろう。彼等が作り出すマヤカシの裏を覗けば、実態が浮かび上がるのだ。それこそ彼達の本質の姿・真の姿なのである。



本質・心理とは、「誘導言葉や作られた情報のみを重視し動かされる者達には知る事は無い」マヤカシの裏に隠される真の姿を見るならば、それらは全て不必要となる。

幸せ願い清き信じる心を持つ者が心で物事を捉える事。
謳い文句やイメージ、装飾などを見るのではない、
年齢性別等でもない、心持つ生き物の心の中を見るのだ。
そして、知る。

邪魂に犯されていない、持ちえていない、歪み無き真の心を持つ者達の前には、邪魂を持つ彼らの醜い装飾は剥がれ落ち、幾ら上辺を繕い隠そうとも、その本質の実態姿がさらけ出されている。

そして、「AAAA次元には高価な資源があるから光が放たれる、それに頼る事ができる民達は幸せを貪っている。その他次元の者達がAAAA次元の存在に気付き狙う前に、我々が人よりも早く狙うのだ」というのは、邪魂により作り上げた偏った目線の捉え方である。体内に潜む強固な物欲優先心により結論を急ぐのだろう。邪魂の影響を受けての結論は、良いものではない。正常な判断で物事を捉えられない為、その判断は誤った状態を、優先させて行く状態でもある。そもそもGGGG次元の彼達が、今日までAAAA次元で暮らしていた事実は無い。彼等は身勝手な発想で生きているからAAAA次元惑星について言えるのであり、そんな者達の押し付けがましく言う言葉は、根拠無い妄想主観とも捉えられる。そして彼等は生きる事に対しての生産能力が低い為に、その他惑星に頼り生きようするのだろう。怠慢により、何が低いのか、何が足らないのかを分からないのであろう。



「火の無い所に煙は立たぬ」
煙は火によって表れた。

火が因(いん)となり、果(が)の煙を作りだす。
煙(果・が)は、火(因・いん)がなければ表れなかった。

果は元となる因がないならば、果は無い。
災(果)無い所、災となる(因)無い。
何が果であり、何が因であるのか。

災が果となり表れるならば、因は災を作り出す元。
ならば、作り出す元(因)とは・・・・。
災いを、もたらそうとする因とは・・・。

彼等の現状は、彼等の怠慢と怠けが生み出している事を彼らは理解していない。理解できないのは、それは物事についての心理を知る事、真実を知る知性が乏しいからである。まず心・感情が有り、それが彼らを動かしているのだ。人達の動き行動の根本は心にあるのだ。その最も重要となる心が正しき心理を元に、動いていない。幻惑を元に動くならば、心理を知る事は無い。



AAAA次元の民達は、武器などは持ってい無い。武器なども無ければ、高度化した文明器具と現されるような物も無く、無い為、頼る事なども無い。そして食物ともなる植物は誰の物でも無かった。それは均等を表した。そして植物を育てる事に対して、否定する事も無く、苦労しながらでも育て、自分達のできる範囲の中で出来る事を探し生きていた。民達は民達の幸せを願い動き、そこには比較なども無い。必要ともしていない。自然と共に、自身が出来る事を自分たちの為に行って生きているのである。

GGGG次元から乗り込んで来た者達は、幻惑に動かされ、怠慢行為を優先し、何かに頼り楽な方向へ意識を向け、おそらく逃げてきたのであろう。ただただ、その様に行う行為は、広く確かな真の心理を会得できない。なぜなら、真の苦労を受け入れられない為、そして物事から逃げた事については、正当化する為に摩り替えるからだ。ありのままではなく摩り替えて捉えるならば、その次点から怠慢が胎動始める。怠慢の心は己の為に物事を歪め捉え、そして摺りかえられた物事が持つ意味事も分からなくなる。その様な者達から知りえる事は、真実を歪めた事を知らされると言う事だ。己の命尽きるまで、もはや現実を捉える事は無いかもしれない。胎動始め膨れあがると、もはや区別できず、真実が理解できなくなるのだ。どの様な事であっても、困難が無い次元などは無いのだ。重要なのは困難に対し、どの様な心で対応するかなのだ。

彼等は知的ではない。広がりの有る選択肢を発想する事もできず、その他手段を選べない。そして自らの行為が誤っている事さえ、知ろうとしない。だから彼等の知性もそこからは広がらない。彼等は尻すぼみの意図的に作られた知性と言えるだろう。真の知性が無い為、この様な状態の者はいつまでも意味知る事は無い。

金こそ幸せの元と広める者達ならば、金を持たず植物と共に生きるAAAA次元惑星に幸せは無いと言うか。その発想始点は、心理踏み外した者達が好む、金を元に強欲を心に潜ませた物事の捉え方の始まり。金が有る無しではない。AAAA次元惑星の者達は、苦労・悲しみ・嬉しさ・優しさ・そして広大な幸せを持っている。それは金の中ではない、AAAA次元惑星民達の純心の中にあるのだ。そして生き物としての、ありのままの五感を大切に暮らしている。

マヤカシの中で生き、意思を強引に通そうとするGGGG次元の者達。それは、マヤカシの中で同じ状態を続けようとする、悲しき、哀れな姿で生きる者達であった。

彼等は惑星に育つカタルシス植物を、勝手な口実を作り刈り取始めて行く・・・・。


 この惑星の者達は、たいそう幸せに暮らせているだろうな。

この惑星には高価な資源があるハズだ!お前たちが、隠し持っている資源を見せよ!


 貴方達の言う資源とは何の事でしょうか?

我々は生きる為に、植物を育て、そしてそれを食し、日々暮らしているだけです。
資源など、何の事だかわかりません。


 お前達は文明力が低いから、俺達の言ってる事が理解できないのか?

 私からの意見と貴方達の言葉から分かる事を、貴方達に伝えましょう。

文明が低い高いなど、この惑星で他と比較などする事無く、日々暮らしている私たちには、わかりません。生きる事に必要性を感じないので意識もしません。なので、心均等を生まれてから思い生きている我々は、貴方達から見掛け判断で低くいと言われても、かまいません。そして貴方達は幸せな暮らしを求めて行動しているようですが、あなた達はその逆、未来不幸を自ら求めて広げる方向へ進んでいる様に思います。

それは「資源があるから良い暮らしが出来る、幸せに暮らせている」と発している事から、貴方達が幸せ・暮らしを考えるに対しての前提は、資源・物と考えているという事が読み解け、己の物欲に囚われた考えを前提とした物事の捉え方をして生きている者達だとわかるからです。それは心理から外れた思考、不幸をもたらす要因の一つ欲深き心を持っているからでしょう。

貴方達が発する言葉と行動は、貴方の心、貴方の内面を表しています。そして貴方達は私達に礼儀をする事無く、無礼であり、それらの行為も含めて「卑しく傲慢で愚かな生き方をしている無節操な者達です」と自ら公言しているのです。

邪魂を持たない我々は、そもそも邪魂の持つ者達が発想し欲しがる物はマヤカシ物なので、この惑星を探しても見つかりません。貴方たちの欲しがるマヤカシ物は、この惑星にはありません。この惑星にはマヤカシ物が無いからです。邪魂により騙されている状態のあなた達は、貴方達が無い物を探しているという事です。貴方達にとって無い物なので、無い為に姿形想像すらできない、その様な無い物を探しても、見つかる事は無いという事です。


 意味の分からない事を・・・!

 意味は分からないでしょう。

誤った強固な傲慢邪魂に心乗っ取られていない者達ならば、時と共に意味を悟るかもしれません。それはなぜかと言えば、誤った断定の無い柔軟な心で想像し読み解こうとするからです。そして、そこから広がる感性や発想、幾つもの手段を作り出します。発想し作り出せるのは、柔軟だからです。この惑星の子供達ですが、草や花を見ても、そこから色んな発想を導き出します。花つぼみの中に虫が入っていれば、花は虫の家だとも想像できるのです。だから「虫の家」から「花」も読み解けるようになり、末広がりの様に生み出す力が無数に育って行き、その広大さに比例して知性も同じく広がって育って行くのです。そこには終、端、断定などありません。よって、左右上下何の制限も無く広がり続けます。AAAA次元の子供達は、それぞれが自らの力で、悪しき魂に囚われる事無く、自然に己の為に必要な真の知性を育てます。それは、時を重ねるにつれ、遥か広大な視野となり、生きる事にとって必要の無いマヤカシを見抜くことのできる確かな知性ともなります。仁、義、礼、智、信を持ち、そして真実を見、知、感により、心理に逆らわず等しく真実を知る。それは生きるうえでの真の知性と開花する。何が何を動かし、何を生み出し、人がどのようにして生き道を転がるのかを見抜き、見定め、そして知る事のできる、真の鋭き知性となります。




 まず隠し持っている高価な資源と言うのならば、

その隠されている高価な資源とは何かを教えて下さい。それが何かも答えられないならば、あなたは何もわからずに、自分の頭の中で作り上げたイメージを威圧的に言い放っている状態ですと認めるという事になります。妄想を言い放っていると捉えられます。そんな状態で、まだ資源というものを探そうとしますか?幸せは・・・・。


 与太話かっ!バカな事を言う者達だ!!

資源があれば、幸せに決っているんだよ!
当たり前だ、そんな事は誰に聞いても明らか!
この惑星の高価な物だよ!
既に俺達は、この惑星を観察してるんだよ。
隠しているのは分かっている資源を出せ!


 幸せに対しての誤り、そして偏った物欲執着心があるようだ。

あなた方は、確かな現実では無く、悪しき嘘にコントロールされて動く人々たちなのでしょう。そして、真がわからずに、邪魂に動かされ生きている姿。事実乖離した事を言っている。自らの正常判断は、既に少量しか残っていないのかも知れません。

貴方達が誰に聞いても明らかというのなら、この惑星の民達からも、そして私からも以前に同意の意見を聞いているというのですか。ならば、いつ、私とその様な話をしたのですか?


 なんだと!

 貴方が、威圧的に誰に聞いても明らかと断定し押し付けるのは、

それ以外の思考判断は皆無という事を頭の中で断定し、常日頃から思っているから、その様な言葉を発するのでしょう。こちらからすれば明らかに、貴方達は「頭の中で思っている事と違う事が目の前で起こっているが、それを受け入れられない為、否定する事を優先した結果、初めから断定し作り上げているイメージを改める事無く、押し付ける事で己の主張を守ろうとしている民達」と捉えられます。貴方達は、己の間違いを認めない人。それは罪を認めない人。今、貴方の醜き悪心が私に罪被せを行っている状態です。哀れな人達です。

貴方達の行為は傲慢心理により、己の知ったかぶり思考から抜け出せず、己に対する確かな成長を、自らできないように歪めている事でしょう。あなた達の誤った断定の尻すぼみな物事の捉え方では、確かな事は分からないでしょう。

「升を以て石を量る」という事。狭い心、狭い視野の持ち主では、正しく広い心と広い視野を測れる事は無い。知る事は無い。卑しき心の者は、卑しき物事の捉え方でしか、物事を捉えられない。


 ムムムムム・・・・。 



 貴方は、確かな物事を受け入れられない心を持っている。歪みの心。

確かな物事に対しての反発が、貴方の姿に表れているのがわかります。気に食わないと感じ、いらだつのでしょう。器量が伺えます。改める事を・・・




 ブシュッ! 

 ウグッ!ウグググッ! 

 くだらない話など!どうでもよい!耳障りだ!

お前達、周囲一体を探せ!探せ! 


 ウウッ・・た・民たちよ・・・彼らの姿・行動をしかと覚えておくのだ。

ウググ・・・これが、卑しく醜い心を持つ者達の姿だ・・・。
事実を理解せず、豊か幸せの確かな事を知らず、否定する・・・
欲に囚われた者達の、醜い卑しい邪魂が誘発させる行動・・・
そして悪しき心の者が広めるマヤカシにより、動かされる事を好む者達・・・・。

この様な者達は、自分の強欲に食らい付き、周りのその後の事など考えず、そして
自分達以外の命の事など考えていないから、この様な事を平気で行うのだ・・・

この者達が幸せを求め進んでも、心で理を悟らない限り、身の回りに起こる出来事は幸せとは逆であり、遅かれ早かれ、この様な罪深き不幸が・・ウググ・・・・生み出される。

マヤカシ、それは悪しき騙し・・・。
災をもたらす、悪しき元凶達・・・。
そしてそれにより動かされた衝動的邪心・・・。

それらが彼達を動かし、言葉、行いを作り出しているのだ・・ウグググ・・・。
民達よ・・彼等の言動、そして行い、状態を知り、その者達が何を生み出し、そしてもたらしているのかを・・ウググッ・・傲慢な邪魂を体内に潜伏させ、選択使を探る柔軟性も乏しく・・・改める事の無い彼等と接する事で・・・後に・・ウググッ・・・・結果何が起こるのかを・・・ウグッ・・目に映る事実結果を頭に蓄え、この事から我々が生きる為に確かな事を軸にし・・ウググッ・・・な・成すべき事を行うのだ・・ウグッ。


 長老!長老ーーー!誰か手当てを、手当てを! 


関連記事
前の記事へ: バキュームを追いかけて
前々記事へ: コミコの涙、そして「僕達は傷付け合う為に出会っていない」

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バキュームを追いかけて

 博士!新生次元のバキュームは、

その他次元で確認した類似物体よりも、かなり大きい物体となっています。そしてコミオ君のバイカーカタルシスですが、自己修復機能が動いている為、回復は出来ていますが、それでも搭載カタルシスの最大値が少しずつ減少傾向に有ります。


 カタルシス消費量に対して、カタルシスの回復するスピードが

追いついていない。ククッ。


 そしてバキュームは、邪魂の吸収、及び放出を繰り返しながら、

徐々に北上移動しています。コミオ君は追いかけていますが、現状が続くようなら、コミオ君がバキュームの吸収口に辿り着いたとしてもバイカー搭載カタルシスの残量次第では、バキュームをひるませる事が出来る程のパワーが残っているかどうかわかりません。




 このまま現状が長引けば、時間と共にコミオが不利な方向に行きかねない。

そしてバキュームについては、北へ移動していると。理由があっての移動か?直ちに新生次元に送り込んである次元監視衛星で、バキュームの現地状況、及び広範囲を確認して欲しい。


 はい。

 カチャ、カチャ、カチャ。(次元コンピュータ)

 バキュームの現地状況についてですが、

現在は市街地の比較的人口が少ない場所です。そして、東西南北、周りにはいくつもの都市があります。しかし、それら周りの都市よりも距離は離れていますが、北の方角には、それら都市を遥かに上回る大きさの大都市があります。人口数は、周りとは比べ物になら無いほど多いです。現在バキュームの周りにある都市を集めても、この一つの都市人口数には叶いません。




 バキュームは、早く、そして効率良く、その都市で邪魂を吸収するつもりか!

バキュームにとっては好物となる魂が、周りの都市を凌ぐ勢いで、そこには有るのだろう。魂をバキュームに与えさすわけにはいかない!なんとしても、奴がそこへ到達する事を、阻止しなければ!現在コミオのストーンパワー率はどうなっている?


 パワー率は、わずかながら上昇しています。

博士、バキュームは現在市街地上空ですが、北上の大都市を目標に移動しているなら、その道中には、どうしても超えなくてはいけない森林地帯があります。近距離で到達するならば、避けられない地帯です。そこでは、邪魂の吸収率は若干減少するハズです。


 森林地帯では、町地帯よりも住人達が少ない為、

邪魂を持つ者達の数も減り、バキュームの魂吸収率が自然と弱まるという事か。現在のバキューム移動スピードでは、その森林地帯へ到達するまでに、どれ程の時間が必要なのかを計算して欲しい。


 わかりました。



 現在数値からの割り出しですが、それだと、およそ10時間はかかると思われます。

 推測では、およそ10時間か・・・。

コミオのストーンパワーが上昇していると言えども、それがどれだけのスピードで上昇していくかは未知。ストーンパワーが少ない今の状況下で、コミオはどれだけの体力とバイカーカタルシスを維持しながら戦い続けられるかが問題だ。


 ・・・・・・。

 ビータ君。我々はコミオを援護する為、森林地帯での攻撃を行う。

 支援攻撃ですね。

 うむ。森林地帯はバキュームを弱体化させれるチャンスの場だ。

我々の作戦目標に向けて起こりうるリスクを管理しつつ準備を整えよう。コミコには、AAAA次元内であるが、予め実践に向けて出撃できるように、訓練を補う為のトレーニングをしてもらう方向で進める。

まずリスクだが、バキュームの移動速度の変動がいつ起こるかわからない、進路についても同様。

バキュームは北上にするに当って、回りの都市人口数・場所を認識したうえで、選択行動している可能性が有るかもしれない。そうならば、道中で己に被害が及ぶと、それを回復させる為、邪魂を吸収する為に近隣都市へ移動する事も考えられる。安易にその様な状況にさせては、バキュームに与えた被害は水の泡となりかねない。それを防ぐ為にも、森林地帯内で、全近隣都市から最も離れた場所に到達した時、奴に対して攻撃を行う。

その他、バキュームが森林地帯へ行かず、現状を維持しつつ魂吸収の為に近隣都市へ進路変更し始めたのを確認した時も、進路変更を阻止する為に攻撃を行う方向で進める。常に邪魂回復傾向にあるバキュームに、今以上の力を蓄えさせるわけにはいかない。

これらを基軸にしながらも、断定せず、バキュームがその他の行動とれば、共にこちらも行動を変化させて行く。

攻撃に使うのは、カタルシス粒子ビーム砲だ。


 カタルシス粒子。

 うむ。このAAAA次元惑星を支えているカタルシス。

カタルシスは貴重な物であり、湯水の如くの様に使う代物ではない。それは、意図的に量産できる物でもなければ、安易に大量に存在する物ではないからだ。そしてカタルシスには、不必要な事柄の為に手を加えてはいけない。不必要な事柄の為に安易な考えの者がカタルシスへ手を加えようならば、カタルシスはその者達の前から消え去る。愚かな行為を、カタルシスは受け入れない。存在があれども愚かな者達には、以後その姿形は見えない。

そんなカタルシスはAAAA次元惑星で、自然に微量に生産される大切な物だ。だからそのカタルシスを大量に必要とするビーム砲は、容易な判断で使えない。何度も使える物ではないのだ。次元を移動するのにも、カタルシスエネルギーが必要であり、我々が生存するにも必要なエネルギー源だ。バイカー搭載カタルシスは、コミオが持つストーンがあるからこそ、それに反応して治癒能力を見せる。

カタルシスを生み出し、そして与えてくれる、AAAA次元惑星。そのカタルシスを、惑星維持の為にも温存しつつ、必要な時に必要な分を使い、そして枯渇させないようにしなければならない。カタルシスは、カタルシスを真に知る者のみに、そのエネルギーを分け与えてくれる。



関連記事
前の記事へ: コミコの涙、そして「僕達は傷付け合う為に出会っていない」
前々記事へ: カタルシスを浴びて浄化せよ!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ツイッターボタン
ツイッター
RSSリンクです
こちらのブログへ来て更新を確認しなくても、観覧者側で更新を自動確認できます。気に入りましたら、ぜひクリックして、登録して下さい。
リンクです
おすすめ関連物です
地球が泣いている
俺達の出番だ!
生きている素晴
らしさ伝えたら

スーパー戦隊35作記念 TVサイズ! 35戦隊オープニング テーマコレクション
キラリ!輝け!
[スーパー戦隊35作]
[TVコレクション]


誰かを救う為に
行動する
メタルヒーロー達!
SOS!緊急発進!

メタルヒーロー20周年記念盤 SHINING SPIRITS メタルヒーロー全主題歌集 
[メタルヒーロー]
[全主題歌集]

メタルヒーロー
伝説の始まり!
ギャバン!蒸着せよ!

宇宙刑事ギャバン THE MOVIE [DVD] 
あばよ涙、
よろしく勇気!

[宇宙刑事ギャバン]
[THE MOVIE]


巧みなマヤカシに
操られた者達から
沙織と平和を守れ
サンクチュアリで
聖闘士が戦う!

聖闘士聖衣神話 サジタリアス星矢 
[サジタリアス星矢]

ロボット少女が
人間姿を夢見る
苦難と向き合い
彼女はひた向きに
人間像を目指す!

負けるな!キィ!
KEY THE METAL IDOL LIMITED BOX【初回限定生産】 [DVD] 
[キィ・ザ・]
[メタル・アイドル]
[初回限定DVD]

想像力を形に
してみよう!

豊かな感性を
育てよう!!

ペパクラデザイナー3+六角大王SuperLE 
[ペパクラデザイナー3]

絵を描かなくても
マンガ作れちゃう!

コミPo! ~絵を描かなくてもポッとマンガがつくれちゃう!~ [ダウンロード] 
[コミPo!]